V字型のリングなど

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

世の中には、さまざまなデザインの結婚指輪がありますが、その中でも、V字型のリングは、Vの字のとがった部分に視線が集まりやすいために、太くて短い指も、きれいに見せてくれる効果があるとして、人気を呼んでいます。また、V字型という名前はついているものの、実際のデザインは、アルファベットのVよりもなだらかなラインとなっており、それほどに個性を主張し過ぎるということはありません。

次に、幅広のデザインがほどこされたリングは、存在感があり、人目をひきます。こちらは、ファッションセンスの高い男性に人気がありますが、女性の中でも、華奢なものよりもボリュームのある指輪を好む人に選ばれるケースが多い商品です。リングの幅が広く、面積が大きいために、文字を彫ったり、デザインをほどこしたりする際の自由度が高くなるのもおすすめのポイントです。例えば、指輪の内側に名前などの文字を彫刻する場合、幅の狭いリングだと、字数などもそれなりの制約を受けることとなります。その一方で、幅広の指輪なら、数多くの文字を入れることができます。ただし、幅の広いリングは、目立つことから、セールスマンなど、顧客からの印象が気になる男性は使用しにくいという問題もあります。